道路標識をなくして事故を減らそう運動

欧州の自治体で、道路標識を安全のためになくしてしまおうという動きが、EU承認の下で広がっています。

どんな理屈で「安全のため」と言っているのでしょう?

It will make drivers more responsible.
「標識がないほうがドライバーの責任感が増す」

Drivers and pedestrians can interact in a free and humane way.
「ドライバーと歩行者が自由に、そして人間的にかかわり合える」

つまり、「止まれ」をなくしてしまえば自然と慎重になって市街地でとばす車もなくなり、「どうぞどうぞ」の精神が必要となって事故も減る、ということでしょうか。

オランダでは、Free of traffic signs (道路標識なし)を売りにし始めた村も。

信号もいらない、という方向で進んでいるようですが、それほど問題は起きていないようです。

それでも心配と言う人には、運動を支持する心理学者からのメッセージがあります。
70 percent of traffic signs are ignored anyway.
「どのみち標識の7割は無視されている」


今日のワンポイント
considerate コンシダレット

「思いやりのある」
同じ consider (考える)から派生した considerable ((量が)かなりの)とは意味がだいぶ違うので要注意。コンシダレイトと読まないこと(-rate で終わる形容詞は「-レット」と読むことが多い)。
The many rules strip us of the ability to be considerate
「規則がたくさんあることにより、我々は思いやりという能力を失っている」


本日の記事、お気に召しましたら、クリックをお恵みください
(ランキングサイトに画面が切り替わると1票、というシステムです)
にほんブログ村 英語ブログへ
かたじけのうござる!


Traffic signs coming down in cities
記事URL
http://www.upi.com/NewsTrack/view.php?StoryID=20061116-124443-8043r

"道路標識をなくして事故を減らそう運動" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント