パンの中に爆発した電池

サンタフェのベーカリーで rustic Italian bread (田舎風イタリアパン)を買ったカップルがパンを食べていると、中から異物が。見てみると爆発したAA(単三)電池でした。

なぜパンの中に電池が?

There was a clock on the wall inside the bakery.
「ベーカリーの壁に時計が掛かっていた」

The clock fell off the wall.
「時計が壁から落ちた」

The batteries might have fallen into the bread mixer.
「そのとき電池がミキサーに落ちたっぽい」

No other equipment in the bakery uses batteries.
「電池を使っている機器は他にない」

幸い、途中まで食べた人の体に異常はないそうです。
異様にずっしりくるパンにはご注意ください。単1が入っているかもしれません。


今日のワンポイント
might have p.p. マイツァヴ(p.p.は過去分詞)

「... だったかもしれない」
あのとき...だったかも、と過去を振り返る場合に使う推量形。
「マイトハヴフォルン」でなく「マ」にアクセントを置いて「マイツァヴフォルン」とするとスムーズに発音できます。


本日の記事、お気に召しましたら、クリックをお恵みください
(ランキングサイトに画面が切り替わると1票、というシステムです)
にほんブログ村 英語ブログへ
かたじけのうござる!


Clock likely culprit in tainted bread
記事URL
http://www.freenewmexican.com/news/52165.html

"パンの中に爆発した電池" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント