「ライ麦畑」と「我輩は猫」を比較する

Catcher in the Rye は好き嫌いの分かれる作品ということで、未読者のための判断基準として「我輩は猫である」を用意しました。両作の共通点を挙げてみます。 - 会話を交えた一人称形式で、起承転結なし。 - 筋に本質はなく、各場面での雑談や主人公の見解、そしてアックリー、迷亭などの個性的キャラに魅力がある。 …
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more