Ambigram = 餃子の王将

The Da Vinci Codeでは「最後の晩餐」が注目を集めましたが、先日紹介した Angels & Demons がブレイクしたら脚光を浴びそうなのは Illuminati (イルミナティ)という中世の秘密結社。そして、物語中で彼らがシンボルとして使用しているのが、ambigram という点対称文字。つまり、180度回すと元通りになるようにデザインされた装飾文字です。この前、私も ambigram を発見しました!

画像


ただ、OHSHOはデザインしなくても ambigram ですね。。。
王将通のおすすめは、天津飯です! (たまごふわふわ。タレが甘ったるくない)

ちなみにこの Illuminati という組織、実在したそうですが、結成されたのは中世でなく近世のようです。また、不明な点が多く、歴史上の重大事を操っていたという説や、物語のとおり現在も地下から世界を動かしているという説も。
詳しくはこちらへ
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060106


本日のポイント
接頭語 ambi-

接頭語や接尾語の意味を覚えておくと、語い力が急速に上がりますよ!
ambi- には「両方」(= both)の意味があります。
ambi- の付いた、けっこう使われる単語をピックアップします。

ambiguous (アンビギュアス)「どっちの意味にも取れる、あいまいな」
ambivalence (アンビバレンス)「同一対象への相反する感情)


本日の記事、お気に召しましたら、クリックをお恵みください
にほんブログ村 英語ブログへ 画像
かたじけのうござる!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック